1/9

フォーパッチ@パッチワークのパスケース

¥2,600 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

パッチワークで作ったパスケースです。

以前、今主流になっているICカードの形の定期券になる前、磁気定期券を使用していた時は、定期入れは、透明の窓が付いていてここから定期券の情報が見える形になっていました。
現在多く使われているIC定期券では定期券の情報が見える必要がなく、それなら逆に他の人には見られないほうがいいなと思いました。
そこで、ポケットに定期券を入れる形のパスケースを作ってみました。

ボタンをつけたタブでポケットの入り口を止めるようになっていますので、定期券を落とす心配がありません。

また、ファスナーのポケットは、小銭入れやキーケースとしてもご使用いただけます。
以前、ICカードのシステムの不具合で駅の改札でICカードが使えなくなったとのニュースを見かけました。
すっかりキャッシュレスが進む中、電車に乗れず困った、とインタビューで答えてる人がいました。
このファスナーのポケットは、そんな万一の事態に備えて、電車代ぐらいのお金を定期券と一緒に持ち歩けるといいなと思い、付けたものです。


やさしいカントリー調の雰囲気ですので、大人の女性にも持っていただける作品になっています。
かわいい感じがお好きな、大人の女性が持っていただく作品としてもピッタリです。


パスケース本体は、表布(キルトトップ)に、接着キルト綿を貼り、丁寧にキルティングをほどこしました。
キルティングは、ミシンではなく、手で縫うハンドキルティングにこだわっています。
一針一針、丁寧にキルティングしました。
ふんわりやわらかく、プクプクで、やさしい雰囲気に仕上がっています。

カードを収納するポケットの部分はキルト綿を貼るとモコモコしすぎるので、ここは綿ではない接着芯を貼っています。
接着芯を貼ることで、よれっとすることなく、布にハリを持たせて強度を高めています。


◆パッチワークのパターン◆
パッチワークは「フォーパッチ」というパターンです。
フォーパッチというのは、正方形にカットした生地のピースを、縦2枚横2枚、縫いつなげて作ります。
パッチワークのパターンとしては、基本的でシンプルなパターンの一つで、初心者さんにも作りやすいパターンです。
しかし。基本的でシンプルがゆえに、配色次第で、いろんな雰囲気、表情を表現することができます。
私も好きなパターンの一つです。


あたたかく、やわらかい雰囲気を意識して作ってみました。
ほっこりな気分を感じていただけると、とってもうれしいです。


<<サイズ>>
横 約11cm
縦        約8.5cm
ファスナー    10㎝

<<素材>>
コットン
接着キルト芯


<<ご購入前にお読みください>>
♪作品について♪
・一つ一つ丁寧に制作しておりますが、ハンドメイド品のため、多少の歪みや誤差が生じる場合があります。ハンドメイドならではの温もりを感じていただければ幸いです。
・使いのPC・スマホによっては、画像と実物の色味に違いが出る場合があります。

♪発送について♪
・土日祝日は発送をお休みさせていただいてます。

♪ご不明な点がございましたら、ご注文前にご遠慮なくお問い合わせください。


(CC000300001)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,600 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品